凪ぐ暮らし

玄武洞公園、玄武洞ミュージアムに行きました

玄武洞公園

夏に鳥取砂丘と湯村温泉に旅行に行ったのですが、その帰りに兵庫県豊岡市にある玄武洞公園を観光しました。

玄武洞公園

玄武洞公園は城崎温泉の近くになりますので、城崎方面に旅行に行かれた方が立ち寄られているようで、とても混雑していました!
コロナ禍のお出かけは気を使いますが、野外なので密は避けやすいかなと思います。

駐車場は無料で止めることができ、玄武洞公園の入場料もありませんでした。

駐車場から玄武洞公園までは、石の階段を登っていくので、ハイヒールやベビーカーはちょっと厳しいかなと思います。

玄武洞公園
山陰海岸ジオパーク 玄武洞公園

160万年前、火山から噴出した溶岩が冷えて固まり、玄武洞が生まれたそうです。
一つ一つの柱は六角形になっていて、上に伸びたり横に伸びたり、不思議な景色が広がっていました。

玄武洞公園
洞窟の中には入れません

大きな穴は自然な洞窟ではなく、大昔に石を採取したためにできたものだそうです。
奥がどうなっているのか見てみたい気はしましたが、中に入ることはできず、遠目から眺めました。

玄武洞公園
何かの巣?

この壁の模様は六角形ともまた違うのですが、何か丸いものがぶら下がっていました。
鉢の巣か何かでしょうか?

玄武洞公園ミュージアム

玄武洞は初めて見る圧巻の景色で大人は感動しましたが、子どもには正直なところ退屈だったかもしれません。。

玄武洞公園の麓にある玄武洞ミュージアムは、子どもが楽しめるような展示がたくさんありました。
入場料金がかかりますが、家族連れの方は十分楽しめると思います!

玄武洞ミュージアム
玄武洞ミュージアム パンフレット

化石や様々な石の展示

アジアゾウやティラノザウルスの展示はとても迫力がありました。
その他、本物のアンモナイトなどの化石もたくさんあり、恐竜好きなお子さんはとても喜びそうです。

宝石の原石や、世界中の変わった形の石もたくさん展示されていました。
こちらはどちらかというと女子が喜びそう。
うちの娘たちも誕生石に興味があるようで、キレイ!と眺めていました。

時折、年配のおじさまが展示の説明をしてくださいました。
館長さんかな?

玄武洞ミュージアムは石について色んなことが学べるので、小学生の夏休みの自由研究にも良さそうに思いました!

豊岡杞柳細工の展示

柳を使ったかご細工、豊岡杞柳細工の展示もありました。
中には見覚えのある小さい手提げのバスケットが。
天皇陛下が幼いころに持たれていた「なるちゃんバスケット」という商品だそうです。
私もおそらくコピー商品だと思うのですが、同じ形のバスケットを幼い頃に持っていたので、懐かしく感じました。


キーホルダー作り

有料ですが、体験コーナーがありました。
うちの子どもたちは好きな天然石や飾りを選んで、キーホルダーを作りました。
色の組み合わせなど、お子さんによって個性がでると思います。
横で保護者がお手伝いできるので、未就園児のお子さんでも参加できそうに思いました。

お洒落なレストラン

ミュージアムの中に1軒だけレストランがあり、昼食を食べたかったのですが満員で諦めました。。
この日は店員さんも少なく、てんてこ舞いな雰囲気でしたので、早めの時間に順番を撮っておけばよかったなあと思いました。
近所に飲食店があるかわからなかったので、仕方なく売店でお菓子を買って食べました。。

豊岡のお土産

天然石や、化石グッズの他、豊岡といえばカバンが有名だそうで、かわいいトートバッグやカゴバッグが売られていました。
カゴバッグは着物にも合いそうなので、年配の方へのプレゼントに喜ばれると思います。

玄武洞ミュージアムへのアクセス

玄武洞ミュージアム

〒668-0801 兵庫県豊岡市赤石1362

https://genbudo-museum.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × five =

SEARCH

TAG

ARCHIVE

POPULAR

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT

nag@凪ぐ暮らし

nag@凪ぐ暮らし