大人の女性にも!ナイキ レトロスニーカー(ワッフルトレーナー2、チャレンジャーOG)をレビューします

ナイキ レトロスニーカー

カジュアルで楽な格好が好きなので、毎日のようにスニーカーを履いています!
メーカーに特にこだわりは無いのですが、私の足は幅広なので、必ず試着してから購入するようにしています。
個人的にはニューバランスやアディダスよりも、ナイキのスニーカーの方が履きやすいと感じています。

最近のスニーカーは、厚底デザインのものが多いですね。
足が長く見えるので、私も若い頃は似たような厚底スニーカーを愛用していました。
ハイテクなデザインのスニーカーも、若者が履くと可愛いとは思うのですが、アラフィフの私が履くと流石にちょっと浮いちゃいます。
やっぱりスニーカーにも似合うファッションや年代があると思います。

そんな中年の私でも、もちろん若い方でも、世代を超えて似合いそうなスニーカーを購入しましたのでご紹介します!

ナイキ ワッフルトレーナー2 レディース

ナイキ ワッフルトレーナー2 ブラック
ナイキ ワッフルトレーナー2 ブラック

ナイキ ワッフル トレーナー 2は、Nikeランニングのクラシックな要素を取り入れ、いつの時代でも愛されるトラックスタイルを忠実に再現しています。アイコニックなワッフルソール、大きいレトロなスウッシュ、スエードのアクセントを取り入れた、斬新かつレトロなデザイン。心地良いフォームのミッドソールには、抜群に柔らかくて快適なフォームウェッジを使用。フォームが露出したシュータンが適度な輝きをプラスします。

https://www.nike.com/jp/t/ナイキ-ワッフル-トレーナー-2-ウィメンズシューズ-W4GlKM/DA8291-002

レトロなデザインのランニングスニーカー。
ナイキ ワッフル トレーナー 2は70年代のオリジナルモデルを再現したスニーカーだそうです。
昔懐かしいヴィンテージ感のあるスニーカーですが、今の時代のファッションにも合っていると思います。
スポーティな服装も大人っぽいコーデも、両方似合いそうなシンプルデザインですね!

ナイキ ワッフルトレーナー2 ブラック
ナイキ ワッフルトレーナー2を後ろから

かかとのロゴはオールドスニーカーに見られる”縦ナイキ“と呼ばれるタイプです。
現在のロゴのように斜めになっておらず、少し縦長で細めのフォントで配置されています。
文字間の微妙な空きにも時代を感じます!

ナイキ ワッフルトレーナー2 ブラック
スポンジが切りっぱなしなのがかわいい

シュータンのフォームが切りっぱなしで丸見えになっています!
最近のスニーカーではなかなかこういう見た目のものはお見かけしませんが、当時はよくあったようです。

ナイキ ワッフルトレーナー2 ブラック
白と黒のバランスが絶妙です

柔らかいサテンっぽい生地に、スエードが組み合わされているので、高級感もあります!
ナイキのマーク「スウッシュ」が大きめなのも、この時代のスニーカーの特徴だそうです。
ソール、かかと、スウッシュの白と、ボディの黒のバランスが絶妙です。
シュータンのロゴマークがオレンジなのも、ポイントになってカッコいいです。

ナイキ ワッフルトレーナー2 ブラック
黒いワッフルソール

ソールは70年代のスニーカーで採用されていたワッフルソールが再現されています。
その名の通り、ワッフルのような凸凹がついています。
他のナイキのスニーカーに比べると、雨の日は若干滑りやすく感じました。

ナイキ ワッフルトレーナー2のサイズ感や履き心地

ナイキ ワッフルトレーナー2 ブラック
少し細めなので紐で調整しています

ナイキ ワッフルトレーナー2を上から見て見るとわかりやすいのですが、少し細めでスッキリしたデザインのスニーカーです。
幅が細めで小さめの作りなので、0.5cmサイズを上げて購入しました。

柔らかい生地なので、硬い靴が苦手な人にはおすすめです。

洗えないので防水スプレーを!

購入時に店員さんに言われたのですが、こちらのスニーカーは洗わない方が良いそうです。
なので、使用する前にコロニルの防水スプレーをかけました。
防水スプレーは必ず屋外でかけて、しばらく置いて乾いてから家に入れるようにしています。

ナイキ チャレンジャー OG レディース

ナイキ チャレンジャーOG
ナイキ チャレンジャーのホワイト

ナイキ チャレンジャー OGは柔らかなスエード、光沢のある素材、通気性のあるメッシュ素材を採用。特徴的なデザインで70年代のランナーを彩ったオリジナルモデルを忠実に再現しています。足首周りの快適なパッドと、スタイリッシュで弾力性のあるミッドソールを合体。最先端トレンドと心地よい履き心地を両立させています。

https://www.nike.com/jp/t/ナイキ-チャレンジャー-og-メンズシューズ-87VLlR/CW7645-003

なんとなく懐かしい雰囲気の、レトロなランニングシューズ
こちらのチャレンジャーも、70年代のスニーカーの復刻版だそうです。
主張しすぎないデザインがとってもおしゃれ!

ナイキ チャレンジャーOG
ナイキ チャレンジャーを後ろから

チャレンジャーOGも、今のロゴとは違う”縦ナイキ“ロゴになっています。
ワッフルトレーナー2の写真と比べると、若干ですが文字の間隔が調整されているように見えます!

ナイキ チャレンジャーOG
ナイキ チャレンジャーを横から

スエードと、サテンっぽい生地と、メッシュ生地の切り替えになっています。
皮のスニーカーは高級感があってオシャレだと思うのですが、春夏は暑いですよね。
ナイキ チャレンジャーは一年中履けそうな素材だと思います!

ナイキ チャレンジャーOG
紐の穴の位置が特徴的

靴紐を結ぶ穴の位置がまっすぐではなく、ガタガタに並んでいるのが珍しいなあと思いました。
この結び方はフィット感が増すそうです。
黒い靴紐に変えても存在感が出て可愛いかも!

チャレンジャーOGのシュータンはメッシュ生地です。
こちらのロゴもワッフルトレーナー2と同様にオレンジのスウッシュで、ワンポイントになっています。

こちらも黒いワッフルソール

靴底はナイキ ワッフルトレーナー2と同じで、四角い凸凹がついたワッフルソールになります。
程よいクッションがあり、歩きやすいです!

ナイキ チャレンジャーOGのサイズ感や履き心地

ナイキ チャレンジャー OG
靴の中が黒いのもオシャレ

ナイキのスニーカーは細めと聞きますが、色々と試着した中では、チャレンジャーOGは幅がゆるい方だと思います。
幅が細すぎないので痛くなりませんでした。
普段23cmを履きますが、こちらも23cmでピッタリでした。

私が購入したのはセール品だったので、残念ながら最近はもうレディースサイズはあまり販売されていないようですが、履きやすいスニーカーをお探しの方は、もし見かけたら是非チェックしてみてください。

まとめ

ナイキ ワッフルトレーナー2 、ナイキ チャレンジャーOG
ナイキ ワッフルトレーナー2と、ナイキ チャレンジャーOGを並べてみた

2足を並べてみました。
上のワッフルトレーナー2が23.5cm、下のチャレンジャーOGが23cmです。
横から見るとソールの形やフォルムの違いがよくわかりますね。
どちらも近年のスニーカーのような「ゴツさ」がなくて、レトロスニーカーは幅広い年代やファッションに受け入れられる一足になると思います!

おすすめ記事

コンバース オールスターライトの記事も書いています。
こちらのスニーカーも気になる方は是非ご覧ください!