40代・50代女性におすすめ!JINSでおしゃれな老眼鏡を作りました

JINS老眼鏡

視力が良いのが取り柄でしたが、年齢を重ねるごとに手元が見えにくくなり、人より早く30代後半にはすでに老眼が始まってしまいました。
不便を感じてすぐにJINSで老眼鏡を作り使用していました。
老眼鏡ってずっと身につけているわけではないので、1階のリビングで学校の書類を書く時に使い、2階の仕事部屋で使おうと思った時に、わざわざ階段を降りて取りにいかないといけないのが、ズボラな私にはとっても面倒でした。
なので、今までの老眼鏡は1階に置くようにして、新たに2階用として主にパソコン作業に使う老眼鏡を作ることにしました!

JINSの老眼鏡をおすすめする理由

JINS老眼鏡
落ち着いた赤茶色の老眼鏡を選びました

老眼鏡は眼鏡専門店じゃなく、100円均一のお店や雑貨屋さんなどでも売られていますよね。
私は前回の老眼鏡もJINSで作ったのですが、全く不満がなかったので今回もJINSで購入しました。
おすすめポイントをまとめてみます!

パッケージタイプの老眼鏡も色や形のバリエーションが豊富

JINSでも、パッケージタイプの老眼鏡が売られていました。
度は+1.00/+1.50/+2.00の3種類。
メガネの形も、OVAL、SQUARE、WELLINGTONとバリエーション豊かで、色もそれぞれ複数展開があるので、選びやすいように感じました。
ブルーライト25%カットも標準仕様で5,500円(税込)はとっても魅力です。

サンプルも置かれていたので、そちらでピッタリ合う度を見つけることができれば、パッケージタイプにしたと思います。
でも私は自分で判断がつかなかったので、計測してもらって相談したいなと思いました。

また、私はデザインの仕事をしているので、できるだけ老眼鏡をかけた時も、裸眼の時と色の違いがない方がいいんです。
一般の方には嬉しいブルーライトカット機能ですが、私は不要でした。

そこで私は、パッケージの老眼鏡ではなく、ブルーライトのない老眼鏡を作ってもらうことにしました。

軽量タイプや有名ブランドとのコラボなど、デザインがおしゃれ

JINS老眼鏡
LightWeight -Slim- LRF-18A-043

JINSでは、店内に展示されている好みのフレームで老眼鏡も作れる(※全てではないかもしれません)のです。
軽量タイプのフレームや、ブランドとコラボしたフレームなど、かなりの種類がありました!
かわいい!と思ってつけてみると、自分の顔には似合わないとか、触れる部分に違和感があったり、意外とメガネ選びって難しいんですね。

JINS老眼鏡
JINSオリジナルデザインのフレームです

軽量メガネAirframeシリーズの中から、ボストン型のデザインを選びました。
一つ目は横長の細いデザインなのですが、やっぱりこちらのように大きめのレンズだと視界が広くなり圧倒的に見やすいです。
それに、年齢を重ねてきて、ボストン型のような落ち着いたデザインの方が今の自分には合っているかなと思いました。

JINS老眼鏡
鼻が痛くなりにくいデザインでした

私が選んだフレームのお値段は¥5,500(税込)です。コスパもいいと思います!

プロに測定してもらって、自分の視力に合わせられる

JINS老眼鏡
計測時のレシートです

今回作る老眼鏡は2階に置くつもりだったので、主にパソコンのモニターを見る際に合うような度数のものを求めていました。
すでに所有している老眼鏡は、本を長時間読んでいると少し目が疲れるような気がして、次はもう少し弱いものがいいのかも?とも思っていました。
でも度数が何なのか覚えておらず、調べる方法もありません。
JINSで購入したものだったので持参して確認してもらったら、+1.5だったということがわかりました。
それを踏まえて、計測してもらいました。

計測用の機械に目を合わせて、右と左、それぞれの目に合う度数を確認してもらいました。
手元の文字などがはっきり読みやすいのはやはり+1.5でしたが、パソコンモニターのように少し距離がある場合は+1.0でも大丈夫そう、ということがわかりました。
そこで、今回は+1.0で作ることにしました!

無料でケースがついてくる

JINS眼鏡ケース
老眼鏡の無料ケース

今回いただいたのは起毛した素材の黒いケースでした。おしゃれ!
スリムなので鞄に入れても邪魔になりません。

JINS眼鏡ケース
ケースに入れたらこんな感じ

メガネ拭きもついていたので、このまま保管しています。
あれこれ別売りになっていないのがいいですね!

JINSオンラインストアでも私が購入した老眼鏡を購入できます

JINS 【LightWeight -Slim-】 LRF-18A-043

私が購入したフレーム【LightWeight -Slim-】LRF-18A-043はオンラインストアにもありました。
既に度がわかっている方はそのまま購入できるようですし、私のようにわからない場合はオンラインで購入後に近くの店舗で度を入れたレンズにしてもらうこともできるようです。
詳しくは、下記のページをご参照ください!

参考:オンラインショップでの度付きメガネご購入方法(JINS)

まとめ

JINS老眼鏡
老眼鏡の取扱説明書

JINSの老眼鏡をご紹介しました!
最近は100円均一や雑貨店などでも老眼鏡を見かけるので、もっとお安く見つかるかもしれませんが、私のような理由でこだわりのある方はJINSなどの眼鏡店で作るのはおすすめです!