凪ぐ暮らし

デニムや北欧生地でトートバッグを縫いました

ショルダートートバッグ

子どもの習い事のレッスンバッグが古くなってきたので新調することにしました。
バッグはハギレ消費にもなるし、子どもの学用品は消耗が早いので、できるだけ手作りで作りたいなと思っています。

「お気に入りをてづくりで」ショルダートートバッグ

教科書がたくさん入る大きめのカバンが欲しいというリクエストでしたので、check and stripeさんの「お気に入りをてづくりで」という本より、ショルダートートバッグを縫いました。

こちらの型紙の良いところは、とにかくマチが広い!
A4が横に入る大きさですが、かなりたくさん入ります。

そしてベルトが2種類ついていまして、短い方は肩掛けもできます。
長い方は肩から斜めがけをしてもちょうど良い長さです。
荷物の量や大きさによって、持ち方を変えられるので便利です!

こちらの型紙、シンプルで使いやすいので冬用のコーデュロイなんかで作ってもかわいいだろうなあと妄想しています。

マザーズバッグを手づくりしたい、という方にもおすすめです!

cotton house HARU カイハラデニム

表生地は、cotton house HARUさんで購入しました。

ショルダートートバッグ デニム
岡山産のデニム生地です

カイハラデニムという岡山県産の10オンスデニムです。
最初はパンツを縫おうと思って購入したのですが、少し厚みがあったのでバッグに使うことにしました。
丈夫な生地なのでこれなら長持ちしそうです!

本来の型紙では表面は切り替えがあるのですが、縫い目の部分で厚みが出るのが怖かったので、切り替えなしにしました。

ショルダートートバッグ
IKEAキャンバス生地

内側はハギレを組み合わせて、IKEAのキャンバス生地と、ベージュのタイプライターで切り替えにしました。
この生地は数年前に購入したので、現在は廃盤になっているようです。
中面もしっかりした生地なので、今回は接着芯はつけませんでしたが、問題なさそうです!

カウニステ Potpourri

ショルダートートバッグ カウニステ
カウニステ Potpourri

昨年、同じ型紙でカウニステのPotpourriという柄の生地を使って縫いました。

綿麻のキャンバス生地で、イラストはマッティ・ピックヤムサさんです。
ポプリというタイトルですが、少しトロピカルなイメージもあるかわいい布です。

こちらは私のお出かけ用バッグです。
チャックなどはついていないので貴重品は入れられませんが、とにかく物がたくさん入り、ガバッと開けて探すのも簡単なので、買い物や旅行に重宝しています。

カウニステの生地ではクッションカバーなどを作りましたが、丈夫で洗濯機で洗っちゃっても大丈夫そうです。
また、他の北欧生地に比べても手が届きやすいお値段なのも嬉しいです。
パステルカラーのかわいいイラストが多いので、入学・入園グッズで揃えるのも素敵だと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 12 =

Trackback

SEARCH

TAG

ARCHIVE

POPULAR

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT

nag@凪ぐ暮らし

nag@凪ぐ暮らし