凪ぐ暮らし

「アトリエナルセの服」から”グレンチェックのパンツ”を縫いました

グレンチェックのパンツをフレンチコーデュロイで

アトリエナルセの服

アトリエナルセの服
表紙はモトーラ世理奈さん

アトリエナルセのお洋服はナチュラルなんだけど大人っぽくて、流行にとらわれない普遍的な雰囲気と今っぽいシルエットが共存しているような、憧れのブランドです。
デザイナーは成瀬 文子さん
「北欧、暮らしの道具店」さんとコラボしたお洋服もシンプルで素敵でした!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アトリエナルセの服 [ 成瀬 文子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/6/2時点)


グレンチェックのパンツ

そんなアトリエナルセさんが作られた洋裁本、作らずにはいられません!
でもボタンがついた服が多い・・・(私はボタンホールが苦手です)。
そこで、まずは簡単そうなパンツを縫いましたよ。

グレンチェックのパンツ
グレンチェックのパンツ

こちらのパンツ、ストンとしたシルエットにリボン付き。
布を変えれば年代や季節問わず着れそうなパターンだなと思いました。
今回はcheck and stripe さんのフレンチコーデュロイ太うね きいちごを使って作りました!
冬はニットを着ることが多く、パンツにインしないのでリボンは省略で。
逆に夏はインすることが多いので、今度は夏生地のリボン付きで縫いたいです。

グレンチェックのパンツをフレンチコーデュロイで
表ポケット大きく使いやすいです

ボタンの型紙を見てこれはどうなるんだろう?と思ったのですが、ベルトの一部になっています。なので、あまりに分厚い布だと縫う時に苦戦するかもしれません。ポケット口の丸みがかわいいです。

グレンチェックのパンツをフレンチコーデュロイで
後ろポケットは二つ

後ろポケットの型紙はもっと丸っこい形だったのですが、縫うのが難しそうだったので少し変えてしまいました。アイロン定規の角の丸みに合わせて縫っています。後ろのポケットの大きくて使いやすそう!

こちらのパンツ、モデルさんの写真を見ても短めなんですよね。
私は背が低いので、あまり型紙で確認せずに2.5cm短く作ったら、思っていたより短い仕上がりになってしまいました。
でも夏はくるぶしぐらい短いの方がバランスいいかな?と思うので、次に作る時はちゃんと確認したいと思います。

“「アトリエナルセの服」から”グレンチェックのパンツ”を縫いました” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =

Trackback

SEARCH

TAG

ARCHIVE

POPULAR

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT

nag@凪ぐ暮らし

nag@凪ぐ暮らし